読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夏休み - 初めての沖縄(宮古島)- 1日目 / Summer Holiday - My first visit to Okinawa (Miyako - Day 1

今年のゴールデンウィーク当たりから、会社と家でフリーランスの仕事の二足わらじで丸一日仕事をしないことがほぼなかったので、自分へのご褒美に初めて沖縄へ。というのも、今年の初めに抽選で当たった映画の試写会のイベントで、さらに沖縄宮古島にあるホテルのプール付きスイートルームの宿泊券が当たり、これは使わなきゃ、と何げに半年前から沖縄旅行を妄想してはおりました。本当は、母と一緒に行きたかったのですが、予定・予算が都合が付かず一人旅に。

f:id:lovesweets:20160828133906j:plain

本島は台風が次から次へと接近していて、皆が台風に当たらないといいけどね~、と心配してくれましたが、東京上空は写真のように雲が一面覆っていたものの、沖縄は申し訳ないほど全くもって晴天続き。

f:id:lovesweets:20160828153948j:plain

聞いてはいたもののやっぱり海が碧い!沖縄です。

f:id:lovesweets:20160828172831j:plain

f:id:lovesweets:20160828172607j:plain

今回初めての沖縄でしたが、当たった宿泊券が宮古島のホテルだったこともあり、寄り道はせず宮古島を堪能する旅行にしました。

宮古島に到着後、予約していたレンタカーを借りる手続きをしにオリックスレレンタカーへ。ここでまず感じたのが、沖縄の(宮古の?)男性って、とっても寡黙でシャイだなぁと思いました。東京や地元静岡では見られないタイプですごく新鮮でした。

 

f:id:lovesweets:20160828183519j:plain

1日目に泊まったホテルのテラスからは海が見えます。まだ始まったばかりですが、すでに満足。

f:id:lovesweets:20160828183357j:plain

一人旅にはもったいない広さのお部屋。

f:id:lovesweets:20160828184309j:plain

まずはホテルの目の前のビーチを散策。本島の海水浴場と違って静かで素敵です。20年以上前に住んだオーストラリアのコテスローを思い出します。懐かしい。こんなところで、仲の良い人たちとBBQとかしたら楽しいだろうなぁ。

この後、市街地を散策しながら夕飯を食べるところを物色したのですが、沖縄の民謡ライブを楽しみめる居酒屋がすごく気になって入ろうとしたところ、満席。

諦めて、ホテルの近くに戻り、海の見える(夜だから見えないけど)居酒屋「海鮮悟空」というところに入ってみることに。ここも繁盛していて、店員さんは大忙しで、お店に入ったもののしばらく放置状態。私の後からも続々と人が入ってきてようやく反応してくれました。といっても、「ちょっと今混んでて待っていただくことになりますけど~」と言われ、「大丈夫です。」と言って待っていると、ひろーい10人ほど座れるテーブルへ通され、お好きなところへどうぞ、と。予約とか入って、このテーブルもすぐいっぱいになるのかと思いきや、結局その後そのテーブルには私と、私の後から入ってきたイタリア人女性の二人。ここで宮古島の人たちの商売っけのなさを感じました。これは悪い意味ではなく、サービスが悪いということでも全くなくって、東京に住んでいると、商売、商売、いらっしゃい、いらっしゃい!みたいに、いかに集客するかという雰囲気が感じられるけど、ここは気取らず気張らず自分たちの出来るおもてなしをする、といった感じです。

 

f:id:lovesweets:20160828202018j:plain

王道のゴーヤチャンプルー。美味しかった。

せっかくだったので、相席したイタリア人女性とおしゃべりしながら食べて飲んで、私の初めての沖縄旅行1日目は終わり。