歯の麻酔治療後の食事には細心の注意を

最近、エージングや健康について書くことが多くなっちゃってますが、今回もその例に漏れず、健康に関する内容です。

30代半ばくらいまでは割と歯の健康には自信があったのですが、40代を過ぎてから加速的に歯の状態が衰えてきました。膠原病を患っていると唾液が出にくくなる症状もあるようなので、その影響もあるかと思います。歯磨きも朝・昼・晩と3回、寝る前には洗浄液で口をゆすぐようにしているのですが、最近すごっく感じるのが、歯磨きよりもその日に食べたものが歯や口内の状態を左右していることです。特にチョコレートなど甘いものを食べるとその影響が翌日の歯磨きの際の歯茎の滲み具合に覿面です。そんなわけで私が歯の健康を考えた場合、歯磨きだけではなく食べ物も同時に気を配るようになっています。このブログにlovesweets's blogとあるように甘いものが大好きな私ですが、ここ最近は随分私の日常からスイーツの存在が減ってしまいました。幸いなことに最近では、ネットやSNSに白砂糖を使わずメープルシロップやピーナッツバターなどを使用したスイーツのレシピもたくさん出てきているので、これから試してみようと思います。

歯磨き粉もいろいろ試してみて今はオーガニック系の「auromere」という歯磨き粉に落ち着いています。若干値は張りますが、使っていて調子が良いみたいです。「良いみたい」とか「効いている気がする」とかは、プロシーボ効果ではありませんが、健康については割と大事なことかもしれません。体の声に耳を傾けるというか。。。

my favorite tooth paste
auromere tooth paste

jp.iherb.com

iHerb.com - ビタミン・サプリメント & 天然健康製品

歯にまつわる思い出で、忘れられないものがあります。7年ほど前に歯医者さんに行き、麻酔を使った治療を行った時のことです。帰り際に「食事は少し時間を置いてからでないと、麻酔が効いているので食べ物が口からこぼれてしまったりするので気をつけてください」といったような注意をいただきました。お昼直前の予約で、治療後にとってもお腹が空いていたので、歯医者から徒歩3分ほどの場所にあるマックに思わず駆け込み、チーズバーガーを頼んで頬張ってしまいました。 歯医者さんで注意を受けたように確かにものすごく食べずらく、ナプキンを口に当てながらこぼれないようにゆっくりもぐもぐと噛んで、無事に食べ終わったかと思われたのですが、、、口から紙ナプキンを外すと、ナプキンがケチャップのねっちゃりしたのとは違う赤い色で染まっています。 ギョッとして、一旦お茶を飲んでから、口元を触ってみると、どうも口の内側から血が出ているようです。 ちょっと間をおいて、状況把握したところ、麻酔で感覚がないので気がつかなかったのですが、ハンバーガーと一緒に口内の自分のお肉を噛んでしまっていたのでした!自分でもちょっと、、、かなり、呆れましたが、皆さんも麻酔治療した後のお食事にはぜひとも十分気をつけてくださいませ。

今回のブログのお題が「ドルツ」か「私の歯磨き」だったのですが、電動歯ブラシは使ったことがなく「ドルツ」とはどんなものかちらっと検索して見てみましたが、なんだか良さそうですね。もしそれなりの効果があるのなら電動歯ブラシ使用してみたいな、と考えています。現在使用中でオススメの電動歯ブラシがある方は是非とも教えてください!

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic