初めての読書会

この週末、初めて読書会というものに参加してきました。

都心では同じような会がいくつもあるので、

参加したことがある・参加している人もたくさんいるのではないでしょうか?

 

何年も前にある友人が参加してると聞いて以来、

ずっーと気になっていて、いくつかのグループに登録はしているものの、

これまでずーっと最初の一歩を踏み出せずだったのですが、

豪州語学留学時代の旧友から、よかったら参加しない?とお誘いが来て、

知り合いも参加しているなら安心だし、彼女がみんないい人たちだよ、

というならきっと皆んないい人に違いないだろうし、それにその友人とも何年も会っていないから会う良い機会だ、と思って、急いで本を読みだして参加してきました。

 

結果、参加して本当によかったです。

友人の言っていた通り、皆さんホントいい方達ばかりで、

参加者それぞれが紹介してくれた本も知らないものばかりで読んでみたくなるものばかりだった。

そして何より、皆さんが本を読んで感じたことやそれぞれの考察が本当に面白かったしためになりました。自分の今の状況にすごく重なる内容のお話もあったりして、なんかすごく深かったです。

私は初参加でどんな感じかわからず、準備不足もありあまり大したことも話せませんでしたが、皆さん温かく受け止めてくださいました。

 

会の後に希望者は一緒にお昼ごはんを食べたのですが、そのランチではそれぞれの仕事がメインで話が膨らみ、いろんな可能性を感じられました。

 

誘ってくれた友人に感謝。彼女自身もメインの仕事とは別にやりたいことがあって勉強しているそうで、活力に満ちている感じだった。

 

それにしても私、翻訳のお仕事しているのに、1年に1冊読むかどうかって、どうなのよ自分?と、読み途中の本ばかりがどんどん増えていくここ数年を振り返る私でした。

 

頑張ろーっと。

まずは今読んでる本を終わらせよう!